上手にクリニックを活用すれば美しくなれる

目の印象を変える

女性

切開法の利点を

二重整形は美容クリニックで最も人気のある施術です。パッチリ二重に憧れて、仙台の美容クリニックに行く人も多いです。パッチリとした二重にするには、メスを使用する切開法で二重整形を行う必要があります。切開法には全切開とマイクロ切開などがあります。マイクロ切開はまぶたの上の短い範囲だけ切開します。全切開の場合は切開範囲が広くて、余剰の皮なども必要とあれば切除します。マイクロ切開法は皮膚の切除は行わないという違いがあります。元々一重で皮膚の厚みがかり、余剰皮膚が多い人は全切開で二重を形成します。そうでない場合はマイクロ切開で二重にすることもあります。切開法で施術を行うと腫れや内出血がありますが、時間とともに治っていきます。切開法でまぶたの上を切開すると、自分の組織による癒着によって皮膚が引き上げられます。その結果、二重のラインが形成されます。切開部分が二重のラインとなるため傷は残りにくいです。目を閉じた時に線が薄く入っているのが確認できますが、生まれ付きの二重の人でも目を閉じるとうっすらと二重のラインが入っています。このため通常は目を閉じても二重にした痕とは気づかれないです。仙台の美容外科で切開法で二重にする人は多いです。

二重の形は様々で、昔から目頭から目尻に向かうにつれて徐々に広がっている末広型と、ラインが目から少し離れている平行型などがあります。仙台の美容クリニックで二重整形をする時は、自分がどのような二重の形を望むかを考えます。切開法デメスを使用しなくても、埋没法でも二重形成はできます。埋没法で二重形成をする時に心配なのが、糸の結び目が目立つことできます。通常の埋没法で二重のラインを作ると、目を閉じた時に糸の結び目が目立つ場合もあります。糸の結び目が目立つと、不自然な感じがして美容整形したことがばれてしまいます。こうした心配も最新の埋没法を選ぶと、ほとんどなくなります。医療用のごく細の柔らかい糸を使用して、結び目をまぶたの挙筋の中に作ると、目を閉じた時でも結び目が他人に分かることはなくなります。埋没法の糸の縫い方は美容外科によって異なります。スクエア形式で二重のラインを作ると、糸を結ぶところは一か所だけとなります。スクエア式で作るラインは通常のライン形成よりも糸の結び目が目立たなくなります。仙台の美容クリニックを選ぶ時は、最新の施術を受けられるかどうかを考えることも大切ですが、カウンセリングの良さで選ぶのも大切です。二重形成の施術の成功のためには、カウンセリングで自分が希望する二重の形をいから医師と共有するかを考える必要もあります。

Copyright© 2020 上手にクリニックを活用すれば美しくなれる All Rights Reserved.